技術情報トピックス

新日鉄住金マテリアルズの素材・加工技術 ~薄く、細く、小さく~

新日鉄住金マテリアルズは、金属・無機材料・炭素繊維等の多様な先端素材をミクロン 圧延、組織制御、洗浄 組織解析、表面制御 箔精密加工 粉末焼結、接合 ロウ付け 伸線、表面改質 接合信頼性 複合材料、接着 高分子、構造設計…

この記事を読む

Stainless Steel Foil for Flexible Electronics

新日鉄住金マテリアルズは、フレキシブル電子デバイス用途に適した高平滑かつ絶縁性に優れたステンレス箔を開発した。 <製品情報> ・製造工程 : Roll to Roll ・ステンレス箔厚:20~50μm ・コーティング層厚…

この記事を読む

リチウムイオン電池 鉄系金属箔集電体

車載用二次電池の高容量化、安全性向上に貢献する <技術のポイント> lリチウムイオン電池 集電体として開発された10~30um厚の鉄系金属箔 l一般的なアルミ、銅箔に比べ過放電に強く、2~3倍の強度を有している <特徴>…

この記事を読む

極薄金属箔圧延技術のご紹介

◆事業背景 電子部品の精密化・軽量化や電池の高容量化を実現すべく、その基材となるステンレスを代表とする金属箔の極薄化が要求されている ◆技術の特徴 ・極薄 ・広幅 ・高平坦性 ・表面高清浄性 ・NSSMCグループの多様な…

この記事を読む

超高弾性・高熱伝導ピッチ系炭素繊維

<概要> 石炭ピッチを原料とする当社ピッチ系炭素繊維は鉄の4倍以上の弾性率、銅の2倍以上の熱伝導率、アルミの80%の比重と軽くて優れた機械特性、熱伝導特性を有し、一般産業用途部材、人工衛星部材、スポーツ・レジャー用品、電…

この記事を読む

自動車の排気ガス浄化性能向上に貢献する高機能メタル担体(OS・MH・EHC)

<技術ポイント> ●ハニカムのセルを特殊形状にすることで、ガス拡散等を誘発させて触媒活性を図る ●ハニカム本体を通電加熱することで、起動初期の早期触媒活性を図る <特徴> OS担体 ハニカムの排気ガス通路をオフセット形状…

この記事を読む

新規現場重合型熱可塑性プリプレグ「NS-TEPreg®」

<概要> 従来の熱可塑性プリプレグの欠点を解消 特殊なフェノキシ樹脂の硬化反応をコントロールする新製造技術により、 Bステージ(半硬化状態)の熱可塑性プリプレグの開発に成功。 熱硬化性プリプレグ同様に適度なタック性とドレ…

この記事を読む

HIP技術を用いた新機能材料及びそれらを利用した高機能部品の提供

<HIP処理技術の特徴> HIP (Hot Isostatic Pressing;熱間等方圧加圧法)は、ArやN2などの不活性ガスを圧力媒体とし、数10MPa~196MPaの等方的な圧力と数100℃~1950…

この記事を読む