技術情報トピックス

超高弾性・高熱伝導ピッチ系炭素繊維

<概要>

石炭ピッチを原料とする当社ピッチ系炭素繊維は鉄の4倍以上の弾性率、銅の2倍以上の熱伝導率、アルミの80%の比重と軽くて優れた機械特性、熱伝導特性を有し、一般産業用途部材、人工衛星部材、スポーツ・レジャー用品、電気・電子部品に幅広く使用されている。

<特徴>

石炭乾留時に副生するコールタール中のピッチを熱処理、水素添加、熱重合さらに微細な不純物を除去、精製し、液晶状態のメソフェーズピッチを得る。このメソフェーズピッチを原料に、結晶を配向制御させながら紡糸、気相酸化による不融化処理、無酸素状態で加熱・焼成し炭素純度を高めるとともに黒鉛結晶を再配列し、炭素繊維を得る。当社のピッチ系炭素繊維は品質欠陥となる繊維断面の割れがなく、高強度・高弾性を実現している。

 

<応用展開>

■一般産業用部材

軽量・高剛性、高制振特性、低熱膨張性

■電子・電気部品、筐体

高熱伝導、高放熱特性

 

 

関連データ

この記事のキーワード